【(9861)株式会社 吉野家ホールディングス】から株主優待 2020.4.30

TMの株(株主優待&配当)

こんにちは、TMです。2020年4月30日(木)に「吉野家ホールディングス」より株主優待が届きました。

TMが株を始めたとき、「吉野家ホールディングス」の株を購入したのが、株主優待のスタートでした。当時は、かなりお手頃な価格で購入できました。

インターネットで検索し、株の入門には「吉野家ホールディングス」から始めるといいという記事を見て「一度やってみよう!」と思って購入をしました。その後、少しずつ、株を購入しています。

 吉野家ホールディングスの配当の記事ついては、下記をクリックください。
           ↓
【吉野家ホールディングス】から配当

吉野家ホールディングス

株式会社吉野家ホールディングス(以下吉野家HD)は、「株式会社吉野家」、「株式会社カはなまる」、「株式会社京樽」、その他の事業を展開しています。

牛丼の「吉野家」は、1899年に創業され、和のファストフードとして多くの方に認知されています。吉野家は、よく利用されている方も多いと思います。

「はなまる」は、セルフサービスで本格的な讃岐うどんを提供しています。一度は、食べられた方もいるのでは。

「京樽」は、鮨のテイクアウト店や回転寿司レストランのほか、ネットショップを運営する外商事業を展開しています。

また「吉野家HD」は、海外にも積極手に展開しています。

株主優待

「吉野家HD」の株主優待は、2月末、8月末に100株以上を保有していると年2回、10枚の300円サービス券がもらえます。TMは、100株を所有しているので「3,000円」分のサービス券が届きました。

日本国内の「吉野家」、「はなまる」、「京樽」の店舗で利用できます。使用枚数に制限はありませんが、「おつり」はでません。
インターネットで対象店舗が使えるか調べてから、利用するのが確実です。

いつもなら、5上旬に届く株主優待ですが、今回は、4月30日に届きました。

昨年まで、サービス券と冷凍牛丼を交換できましたが、今回から無くなりました。今回は、缶詰セットと交換も出来ましたが、サービス券を使うことにしました。
冷凍牛丼は、家族に好評だったので残念です。復活しないかなぁ。

少しずつですが、株を購入して「やりくり上手」をめざします。

コメント