【(3197)株式会社すかいらーくホールディングス】から配当 2022.3.16

TMの株(株主優待&配当)

こんにちは、TMです。2022年3月16日(水)に「株式会社すかいらーくホールディングス」(以下すかいらーくHD)より「第11期 定時株主総会 招集ご通知」と「第11期(2021年1月1日~2021年12月31日)配当金計算書」が届きました。

今回は、すかいらーくの配当についてのご報告です。

すかいらーくの株主優待についての記事は
【(3197)株式会社すかいらーくホールディングス】から株主優待 2022.3.15
をご覧ください。

第11期 定時株主総会 招集ご通知

第11期定時株主総会が、2022年3月30日(水)に開催する招集通知が届きました。会場は、京王プラザホテルです。コロナウイルスの感染が懸念される状況が続いているため、来場を控えるよう書かれていました。株主総会の株主総会では、株主へ議案が提案され、賛成か反対かを問われます。議案以外に会社の報告やすかいらーくHDへ質問もできます。株主総会は、株主と企業の大事なイベントと言えます。
すかいらーくHDの株主総会に参加できない株主には、「議決権行使書」に賛否を記入して返送するか、インターネットで賛否を行使できます。

今回の株主総会の議案は、3件。

今回の株主総会の議案は、3件ありました。
・第1号議案 定款一部変更の件
・第2号議案 取締役6名選任の件
・第3号議案 監査役2名選任の件

第1号議案は、株主総会資料の電子提供制度の導入のための変更でした。2023年3月以降の株主総会より、今まで紙で確認を行っていた株主総会資料が、原則ウェブ化されます。

第2号議案は、任期満了となる取締役6名の選任についてですが、今回、全員6名(うち3名が社外取締役)となっています。今回、再任が6名となりました。

第3号議案は、監査役2名が任期満了となり再任1名、新任1名となりました。新任の方は、大蔵省出身で弁護士の方でした。

経営では、客数は回復傾向にあると分析されていました。デリバリーやテイクアウトの売上拡大や、時短協力金の受領もあり 、前年に比べると経営環境は改善しているとのことでした。一方 、コスト面においては原材料価格の急騰、原油高による水光熱単価の上昇や、人件費の増加などにより、大変厳しい状況にあるとのことから、良い結果も相殺される感じです。未だコロナウィルスの不透明な状況があり、経営環境も再度悪化することが予想されるとのことでした。あまり、期待が出来ない報告でしたが、外食業界の実情がよく分かりました。親会社株主に帰属する当期利益は、87億4千2百万円と回復傾向にあります。前年度は、マイナス約172億円でしたので、ひとまず安心というところでしょうか。

議決権行使については、QRコードからインターネットを使って賛否について行使しました。

スマート行使 プレゼント企画

今回、スマートフォンによる「スマート行使」での議決権行使後に、アンケートに答えると抽選で応募者100名につき1名の割合で「QUOカード 500円分」が当たります。
最近よく目にする「スマート行使」のプレゼント企画、いつも応募していますが、なかなか当たりません。当たったらいいなぁ。

すかいらーくHDの今回の配当金は、1株当たり12円でした。


すかいらーくHDの配当は、「1株あたり12円」でした。TMは、100株を持っているので12円✕100株=「1,200円」の配当となります。すかいらーくHDの配当金は、NISAによる購入ですので所得税と住民税が免除されるので税金が引かれず1,200円が、2022年3月15日(火)に指定口座へ振り込まれていました。

これからも、やりくり上手をめざします。

コメント