沖縄に行ってきました。(その4)「ホテルの絶品クッキーサービスとモーニング首里城」

TMの感想あれこれ

こんにちは、TMです。先ほど、あぐー豚のしゃぶしゃぶを堪能して、今晩泊まるホテルへ移動します。首里城を見に行きたかったので、首里城の近くのホテルに泊まることにしました。明日、帰らないといけないので、朝に首里城を見に行く計画を立てました。今回、泊まるホテルは、「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」を選択しました。「食彩酒房まつもと」さんから、ホテルまで、車で20分ほどです。

ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城

「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」は、首里城に一番近いホテルで、古都・首里の丘の上、首里のど真ん中の頂上に建っています。景色もよく、静かで、ゆったりとした雰囲気に癒やされること間違えなしです。首里城の守礼門までは徒歩15分で行けますが、坂があるので、スニーカーとか歩きやすい靴で行く方が、良いと思います。また、時間に余裕がある方は、首里城の町並みやお店を散策するのも楽しいと思います。ホテルから国際通りやTギャラリア沖縄 by DFS(免税店)に行くのもベストなホテルと言えます。余談ですが、沖縄では、日本国内なのに免税店でお買い物が出来ちゃいます。もちろん、免税です。何か買いたいものを決めて、沖縄の免税店でお得に買い物なんてことも、いいかもしれません。

絶品クッキーでお出迎え。

ホテルにチェックインすると、ダブルツリー秘伝レシピでつくる、温かいチョコチップクッキーが、宿泊者全員にもらえます。このクッキーは、どこのダブルツリーbyヒルトンホテルで宿泊しても、同じおいしさを味わえるよう、 レシピと焼き方に厳密に従っているそうです。気合の入った、こだわりのあるクッキーですね。早速、部屋に入って、先ほど「あぐー豚のしゃぶしゃぶ」を食べて、お腹がいっぱいですが、クッキーは、別腹です。袋からクッキーを取り出し、パクッとほおばります。食感は、ドライな固めのクッキーではなく、柔らかめですが、なめらかで濃厚な味となっています。チョコチップがアクセントとなって、クッキーによく合います。あっと、いう間に無くなってしましました。えーもう終わり、もっと、食べたいと思うぐらい、めちゃくちゃ美味しいクッキーです。まだ、食べたことがない方は、ぜひ「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」に泊まって、クッキーをもらってください!絶品ですよ。

モーニング首里城

明日の午前中の飛行機で、帰らないといけないこともあり、なんとか、首里城を見たいと思いました。少し、早起きして、レンタカーで時間短縮で首里城へ向かいます。本当は、ゆっくり散策しながら、首里城観光をしたかったのですが、如何せん時間がありません。朝起きて、すぐに首里城へ向かいます。早朝のため、首里城公園の駐車場が閉まっていたので、どうしようと周りを見渡すと、あった!コインパーキングが、ありました。コインパーキングから、歩いてすぐに首里城公園へたどり着きました。ちなみに、駐車代は、450円でした。首里城の中には、入れませんが、守礼門や園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)などが、間近で見れました。地元方が、散歩してたり体操をしていて、めっちゃ生活感を感じましたが、人が、少ないので、静かにゆっくり鑑賞することが出来ました。モーニング首里城、いいかもしれません。

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)

首里城の守礼門をくぐって、左手に園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)はあります。この石門は、国王さんが旅に行く際、道中の安全を祈願したという礼拝所だったと伝えられています。現在も沖縄の人々が祈りを捧げに訪れる場所てす。確かに、皆さんここを通られる方は、石門に手を合わせて祈っておられました。TMも、祈ってきました。なんか、神聖な場所で朝からスピリチュアルなパワーをもらえた気がします。早起きは三文の徳ですね。

いよいよ、沖縄の旅も終盤となり帰宅です。あーさみしいなぁ。
最後に、沖縄に行ってきました。(その5)「沖縄旅行を振り返って」を、また書きたいと思います。

これからも、やりくり上手をめざします。