【(2914)日本たばこ産業 株式会社】から株主優待 2022.3.3

令和4年(2022年)株主優待

こんにちは、TMです。2022年3月3日(水)に「日本たばこ産業 株式会社」(以下JT)より「第37期 定時株主総会招集ご通知」と「株主優待のご案内」が届きました。

今回は、JTの株主優待についてのご報告です。

JTの配当についての記事は【(2914)日本たばこ産業 株式会社】から配当 2021.9.1
に書いてます。よろしければご覧ください。

第37期 定時株主総会招集ご通知

第37期 定時株主総会招集ご通知では、今回の株主総会で提案される議案、6つの議案について掲載されていました。

第1号議案は、剰余金の処分について書かれていました。期末配当金は、1株75円となり2022年3月24日に振り込まれるとのことでした。配当総額は、133,089,352,425円となります。すごい額ですね。配当性向は、73%と高めになっています。

第2号議案は、定款一部変更①についてです。変更内容は、取締役の任期を現行の2年から1年にする提案です。

第3号議案は、定款一部変更②についてです。変更内容は、場所の定めのない株主総会(いわゆるバーチャルオンリー株主総会)を開催できるよう、定款第15条を変更する提案です。

第4号議案は、定款一部変更③についてです。変更内容は、株主総会資料の電子提供制度導入に備えるための提案です。

第5号議案は、取締役10名選任についてです。より一層のコーポレート・ガバナンスの充実・強化を図るため社外取締役を1名増員し、新たに取締役10名(うち社外取締役4名)の選任を提案されています。

第6号議案は、社外取締役の報酬額改定についてです。社外取締役の報酬額のみを増額し、年額1億円
以内の改定の提案です。1億円ってすげぇ報酬ですね。

議決権の行使

株主総会で提案される議案について、議決権の行使をするため郵送されてきた「議決権行使書」に記入して返送するか、記載されているQRコードを読み取りインターネットで行使できます。TMは、QRコードで議決権を行使しました。最近、QRコードによる議決権行使が増えてきています。短時間で議案の賛成反対ができるので、便利で良いと思います。

株主優待のご案内

株主優待のご案内では、保有する株数によってもらえるコースが違います。ただし1年以上継続して株を保有しなければなりません。

100株以上200株未満は、Aコース(2,500円分のJTグループ商品)
200株以上1,000株未満は、Bコース(4,500円分のJTグループ商品)
1,000株以上2,000株未満は、Cコース(7,000円分のJTグループ商品)
2,000株以上は、Dコース(13,500円分のJTグループ商品)
TMは、200株を所有しているのでBコースになります。

株主優待、JTグループ商品の内容

JTグループ商品の内容は、Aコースが「ご飯・カップ麺セット14食(国産こしひかりパックごはん6食・ホームラン軒の醤油ラーメン&味噌ラーメン各4食)」。Bコースが「ご飯・カップ麺セット24食(魚沼こしひかりパックごはん4食・国産こしひかりパックごはん12食・ホームラン軒の醤油ラーメン&味噌ラーメン各4食)」。Cコースが選択商品①〜④から1点を選びます。選択商品は「①冷凍うどんセット10食、②レトルトカレーセット7食、③ジャムセット6食、④ラスク・紅茶・コーヒーセットです。」後、共通商品(ご飯・カップ麺セット24食※Bコースと同じです。)を1点もらえます。Dコースが選択商品を3点、共通商品が1点もらえます。
また、優待商品に代えて、災害復興支援に対する寄付もできます。
TMは、200株を所有しているのでBコースの「ご飯・カップ麺セット24食」を選択しました。
選択した商品は、4月中旬から7月下旬に順次発送されます。

パックごはんやカップラーメンは、いざというときの防災食、備蓄食として活用しようと思います。賞味期限が近付いたら、たべちゃいますが(笑)
あれば、何かと便利だと思います。

株主優待制度の廃止に関するお知らせ

今回、初めてJTの株主優待をもらえるのですが、なんと2023年で株主優待は最後になってしまいます。株主優待が廃止されるのです。ガーン、ショックです。2024年以降は、株主優待はありません。廃止の理由は、配当等による利益還元に集約することとし、株主優待制度を廃止することにしたそうです。やっともらえると期待していたので、残念です。お知らせのとおり、その分、配当を拡充してもらえれば、うれしいですが……。そんな、うまいこといくかなぁ?と思いつつ期待してます。

少しずつですが、「やりくり上手」をめざします。

コメント