【吉野家】の「株主様ご優待券」を使ってテイクアウトしました。

令和4年(2022年)株主優待

こんにちは、TMです。2022年5月6日(金)に「株式会社 吉野家ホールディングス」(以下 吉野家HD)より株主優待が届きました。吉野家HDの株主優待は100株所有していると、吉野家グループでの食事に利用できる500円分の株主様ご優待券(以下 優待券)が、4枚つづり2,000円分を年2回(5月と11月)もらえます。
今までは、優待券を冷凍食品などと交換できましたが、200株以上保有しないと出来なくなりました。残念。ということで、優待券は、店舗での飲食か、テイクアウト利用しかできません。

あー無性に牛丼を食べたい!色々、考えてTMは、テイクアウト利用することにしました。

今回は、吉野家HDの優待券を使った、テイクアウトについてのご報告です。

まずは、吉野家アプリから注文!

最近は、色んなお店がスマホ用のアプリを提供していて、クーポン、お店の予約、テイクアウトの注文やポイントが貯まるなど色々特典があります。吉野家もスマホ用アプリを提供しています。一昔前なら、あの吉野家がアプリ?と思いましたが、時代ですね。

まぁ、便利になることはいいことです。さっそく、吉野家アプリをダウンロードして、テイクアウトの注文をします。

アプリ内の「いつでも簡単・便利にテイクアウト予約」をタップします。現在地周辺の店舗からおきにいりのお店をタップして、「このまま注文する」を選択します。あとは、食べたいメニューを選択して、注文確定へ進みます。受取日と受取時間を選択して、自分の電話番号を入力します。最後に注文を確定すれば、注文完了です。
今回は、牛皿ファミリーパック4人前、つゆだく(税込1,077円)を注文しました。
ちなみに、アプリから「普通・つゆだく・つゆぬき」を選択できるので、便利です。
昔は、牛丼つゆだくって言うのが、通な感じでしたが、今や当たり前の話になりました。懐かしいわぁ。

正常に注文できたらSNSで、注文受付のお知らせが届きます。その後、注文した商品ができあがると再度SNSに連絡が来ます。連絡が来たら、お店に受け取りに行けばテイクアウトの完了です。

支払いは、優待券で!

SNSで、注文したメニューができた連絡が来たので、お店に受け取りに行きます。もちろん、優待券で支払います!お店に入って、店員さんに、SNSで届いた伝票番号を伝えます。待ち時間もなく、注文した商品が運ばれてきて、会計を行います。

今回は、「牛皿ファミリーパック4人前、つゆだく(税込1,077円)」を注文しました。優待券は、500円券となっていて、残念ながらおつりは出ません。会計は、税込1,077円なので、500円券×2枚で1,000円分使えるので、77円は別会計となります。まぁ、77円で「牛皿ファミリーパック4人前」がいただけるなら、いいか。と思っていたら…。
店員さんが、「小学生以下のお子様はいらっしゃいますか?」とたずねてきました。
「えっ、はい、います。」TMがと答えると。
店員さん「では、今キャンペーン中なので、80円を割引させていただきます。」
「会計が、997円になります。申し訳ありませんが、優待券の差額の3円のおつりは、でませんがよろしですか?」とテキパキと対応してくれました。
「ありがとうございます。おつりは、いいです。」
ということで、3円のおつりは、ありませんが77円を支払うよりはお得です。
藤田ニコルさんが、吉野家のCMをしていますが、只今、小学生以下のお子様1名あたり1品のみ税込80円引きです。2022年8月31日(水)20:00までなので、小学生以下のお子様がおられる方は、今、お得ですよ!
※優待券を使用した場合、楽天ポイント、Tポイントなどは付与されません。

レシートにも、券差額の3円についてご容赦くださいと印刷されていました。何か、不便やからプリペイドかアプリで1円単位で使えるようにしてくれへんかなぁ。

さぁ、家に帰って、みんなで牛丼パーティーです。牛丼には、卵が入っていないので、卵アレルギーの子どもには、安心して食べれます。いやーうまそうです!

家で出来立てアツアツ、炊きたてごはんに、牛皿をドーンとのせました。いやーほんまに、牛丼ってうまいわぁ!幸せです!

今回、利用した優待券については吉野家【(9861)株式会社 吉野家ホールディングス】から株主優待 2022.5.6 に詳しく書いてます。よろしければ、ご覧ください。

これからも、やりくり上手をめざします。

コメント